健康管理事業

健康管理事業(健診事業・メンタルヘルス事業・健康促進事業)

 

データヘルス事業(共済組合)

特定健康診査(人間ドック・定期健康診断)のデータをもとに、生活習慣改善などの事業を実施します。

 

特定健康診査・特定保健指導(共済組合)

高齢者の医療の確保に関する法律により、平成20年4月からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に 着目した特定健康診査及び特定保健指導の実施が医療保険者(共済組合)に義務付けられました。

 

  1. 特定健康診査
    特定健康診査の対象者は40歳から75歳未満の組合員及び被扶養者です。
  • 一般組合員の方
    改めて特定健康診査を受診する必要はありません。今までどおり定期健康診断(人間ドック含む)を受診することにより特定健康診査を受けたものとみなされます。
  • 被扶養者の方(配偶者ドックの受診者を除く)
    共済組合から特定健康診査のご案内(特定健康診査受診券等)を送付します。
  • 特定保健指導
    • 特定健康診査の結果をもとに、生活習慣の改善が必要と判断された方に対して医師、保健師等が保健指導を実施します。 (動機づけ支援・積極的支援)
    • 共済組合から特定保健指導のご案内(特定保健指導利用券等)を送付します。

     

    ○一般組合員の方は事業主健診または人間ドックを受診することで特定健康診査を行ったこととされるため、 事業主健診または人間ドック等の健診結果が共済組合に提供されることになります。
    共済組合では提供された健診結果をもとに特定保健指導を行いますが、個人情報保護に十分配慮した上で 取り扱うこととしますので、ご承知願います。

     

    人間ドック等の健診料補助(県教委、共済組合、互助会)

     互助会では、埼玉県教育委員会及び公立学校共済組合埼玉支部とともに、生活習慣病の予防と隠れた疾病の早期発見を目的として、人間ドック(1日コース、1泊2日コース)・脳ドック及び女性がん検診の健診料の補助事業を行っています。

     対象者は、組合員(任意継続組合員を除く)・互助会員(退職互助会員を除く)及びその被扶養配偶者の方々です。

     毎年、4月から5月初旬にかけて申込みを受け付けています。

     お手元に、決定通知兼受診記録カードが届いた方は、お早めに受診予約をしてください。

     受診期間は7月1日~12月末までです。

     健診機関ごとの予約開始日、料金や検査項目については、「とくとくガイド」を御覧ください。

     また、公立学校共済組合埼玉支部の組合員専用ページにも掲載しています。

    割引協定ドック(共済組合、互助会)

    指定した健診機関で人間ドックを受診した場合、健診料が割り引きされます。
    詳しくは、「とくとくガイド」を御覧ください。

     

    教職員メンタルヘルスチェック「からだとこころの体温計」(共済組合)

    組合員(家族)が携帯電話やパソコンを利用し、気軽に・手軽に心身の状態をセルフチェックできます。体と心の健康管理にお役立てください。       https://fishbowlindex.jp/pssaitama/

     

    心のセルフチェックシステム(共済組合)

    組合員が携帯電話やパソコンを利用し、心のセルフチェックができます。公立学校共済組合ホームページ「心のセルフチェック」をクリックし、ID・パスワード(共済フォーラム参照)を入力してください。

     

    教職員メンタルヘルス相談(共済組合)

    心の悩みを持つ組合員とその家族を対象に、10か所で面接による心の健康相談を実施します。

    また、今年度から新たに依存症に関する相談を2か所の専門医療機関で実施します。

    秘密は堅く守られていますので、安心して御利用ください。

    10カ所及び2か所の御案内等詳しくは、「福利のしおり」を御覧ください。

     

    こころの健康講座(県教委、市町村教委、互助会)

    心の健康の保持増進、早期発見・早期対応のために、うつ病等に関する知識や対処方法 (セルフケア)を学ぶ、教職員向けの研修会を開催しています。
    ※日程、開催場所等、詳細につきましては、所属長あての通知でお知らせします。

     

    健康相談事業(共済組合)※平成29年11月1日からリニューアル
     教職員電話健康相談24、介護電話相談、女性医師電話相談                      Web相談(こころの相談)・電話・面談メンタルヘルス相談(共済組合)

    組合員とその家族を対象に、健康、医療、介護、メンタルヘルスに関する相談を24時間 フリーダイヤルでお受けしています。 また、組合員と被扶養者の方々を対象に、全国のカウンセリングルームで、臨床心理士等による面談 カウンセリングを行っています。御利用に際しては、事前にフリーダイヤルへ予約が必要です。 (携帯電話、スマートフォンからも御利用になれます。)秘密は堅く守られていますので、安心して御利用ください。
    さらに、組合員と被扶養者を対象に、さまざまな疾病でお悩みの方に、面談や電話によるセカンドオピニオンを 提供します。また、相談内容に応じて、各専門分野を代表する専門医を紹介します。御利用に際しては、 事前にフリーダイヤルへ電話してください。

     

    ※割引協定ドック・メンタルヘルスセルフチェック・教職員メンタルヘルス相談・こころの健康講座・電話教職員健康相談24等の詳細については、とくとくガイドにログインをして御確認ください。

     

    インフルエンザ予防接種補助(互助会)

    被扶養者である中学生以下の者がインフルエンザ予防接種を受け、3,000円以上の費用がかかった場合、年度内1回2,000円を補助します。

     

    ヘルスアップ支援事業(互助会)

    前年度互助会の医療給付(療養費、家族療養費)を受けていない会員を対象に、健康の維持を支援するため、スポーツジム等を利用して5,000円以上の費用がかかった場合、年度内3,000円を補助します。

    スポーツジム等の利用が難しい場合は、運動靴などの健康用品を購入した場合に補助します。

     

    対象者には、氏名等を印字した「ヘルスアップ支援事業請求書」を6月に送付しています。3月15日までに請求してください。