家族旅行のときなどの保養事業

家族旅行のときなどの保養事業

保養施設利用補助(共済組合)

本・他支部の共済組合宿泊施設に、組合員及びその被扶養者が保養・行楽を目的に宿泊した場合に、 1人1泊につき2,000円(ホテルブリランテ武蔵野及び盛岡・仙台各宿泊所、鳴子・飯坂各保養所の東北4施設、熊本宿泊所は3,000円)を補助します。なお、施設名等詳しくは、「レクリエーション施設等割引協定施設(とくとくガイド)のホームページ」及び所属所長あて 通知文書を御覧ください。(利用に際しては、施設に備え付けの「宿泊利用補助申請書」に記入し、 組合員証を提示してください。)

 

協定宿泊施設(共済組合、互助会)

組合員及び会員とその家族の保養促進のため、東北宿泊協定施設、東急インチェーン、 ダイワロイヤルホテルグループ、下田温泉旅館協同組合等が協定料金で利用できます。
※ 詳しくは、「レクリエーション施設等割引協定施設(とくとくガイド)のホームページ」及び所属所長あて通知文を御覧ください。
 

 

利用方法

    1. 各施設に電話し、「公立学校共済組合埼玉支部の組合員」または「(財)埼玉県教職員互助会員」であることを必ず申し出て予約してください。
    2. 施設利用時に、「組合員証」または「会員証」を提示してください。

 

バカンスクーポン(共済組合)

組合員及び被扶養者が余暇を利用して保養のため、下表の条件の下に旅行する場合に、 JRの運賃(普通乗車券)が2割引きになります。
ただし、東海道新幹線を利用する旅行で、片道が601㎞未満の場合は全区間1割引きとなります。
所定の申込書に所属所長の証明を受け、指定の旅行会社(日本旅行・近畿日本ツーリスト・ ジェイティービー・トップツアー)の窓口へ提出し、購入してください。旅行中は当該申込書の写を 携帯することになります。(申込書は、「レクリエーション施設等割引協定施設(とくとくガイド)のホームページ」の申込書をコピーして使用してください。)

 

利用条件 取扱除外期間
  1. 共済組合指定旅館(保養施設)又は旅行会社協定旅館等に宿泊すること。
  2. 大人2名以上又は大人と子どもをあわせて2名以上が同一行程をとること。
  3. JR線を片道201km以上乗車船すること。
    ※ 東海道新幹線の場合、片道が601㎞未満の場合は全区間1割引きとなります。

※往路、復路のいずれかが取扱除外期間に該当すると、全行程が割引対象外となります。

4月27日~5月6日
8月11日~8月20日
12月28日~1月6日

 

※詳しくは、「レクリエーション施設等割引協定施設(とくとくガイド)のホームページ」を御覧ください。

 

旅行宿泊補助(互助会)

会員が個人的に旅行して宿泊(旅館、ホテル、共済施設、民宿等)したとき、宿泊費の一部として年度に 1回3,000円を補助します。
 「宿泊補助請求書」PDF 泊料の確認できる請求者本人あての領収書原本を添付してください。  "請求者以外のあて名による領収書"を添付する場合には、その領収書のあて名人が代表者となり、 同行者を証明した「同行者名簿」PDFを合わせて添付してください。
旅行会社などで発行された領収書で宿泊料金を含んでいることが確認できない場合は、 旅行の行程表やパンフレットも添付してください。
グループ(団体)あての領収書の場合は、グループの幹事が代表者として証明した「同行者名簿」PDFと、 どんなグループであるかを説明した「申立書」を合わせて添付してください。

 

退職者に対する共済組合宿泊施設の特別利用者証の発行(共済組合)

この特別利用者証を施設に提示すれば、組合員と同じ料金で宿泊できます。退職年金請求書等の提出時に申請書を提出してください。